歯を残すことへのこだわり

歯を残さなければという使命感

歯を残さなければという使命感

自分が直面した現実によって、使命に変わりました。
歯を残すことへのこだわりは、歯科医師を志してから今までずっと持ち続けています。

“歯を残すこと”へのこだわりが最も強くなった経緯は、父から医院を承継した際に、「歯を失っている人があまりにも多い」という現実を目の当たりにしたからです。

歯を失うことで、“食べる” “飲み込む” “話す”などの機能が失われていきます。
歯を失う苦しみは、年齢を重ねれば重ねるほど顕著になっていきます。

そういった患者様が限りなく少なくなるように、「当院が患者様の歯科治療の終着点になるように」と願い、なるべく歯を残し、二度と歯を失わないようにメインテナンスを行うことに全力を注いでいます。

そうして地域の皆様のお役に立つことが当院の使命だと思っております。

歯を残す2つのこだわり

低侵襲(なるべく削らない)治療を心がけています。

歯を残すためには経験値と技術力が必要になります。

特に、根管治療は経験と技術が最も大切で、歯を残すためには肉眼で見ることが出来ない部分の治療に拡大鏡を用いて、残せる歯をなるべく残すように低侵襲な治療を心がけています。

再発のリスクを最低限にする

歯が残せなくなる方は、2つのパターンに分けられます。

  1. むし歯の再発を繰り返し、最終的に抜歯になった方
  2. 歯周病が再発を繰り返し、歯が抜け落ちてしまう

多くの方が上記の2パターンです。
しかし、それは定期的に歯医者に通い、ご自身のセルフケアを覚えれば防げるものです。

患者様と密なコミュニケーションを取り、再発のリスクを最低限にするために説明義務を果たし、定期的に通っていただけるような信頼関係を築きます。

長尾歯科クリニックは上記の2つにこだわり、長尾歯科に出会えてよかったといってもらえるような歯科医院を目指します。

歯を失ってしまう前にご相談ください。

歯を失ってしまう前にご相談ください

当院がどうして歯を残すことにこだわりがあるのかをお伝えしました。
歯は一度失うと二度と生えてきません。失って初めて大切さに気付くのでは遅いのです。

当院は、患者様が歯を失ってしまう前に相談に来てほしいと願っています。わたし達であれば、残せる歯があるかもしれません。

もちろん、歯を残せるか残せないか?という前にご相談いただくことで、歯を残せる確率は格段に上がります。

少しでもお口のことについてお悩みになられましたら、お気軽にご連絡をください。患者様のお役に立つために最大限努力いたします。